スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
予期せぬ出会い
激務のせいで、体のバランスを崩した私・・・。
正確に言うと、女性としての体のサイクルが狂ってしまいました。

そうなると、かかる医者は必然的に・・・婦人科。
いくら自分が女であるとはいえ、この科にはあまりかかりたくないもの。

何が嫌って、まず目に見えぬプレッシャーを感じてしまうところであるということ。
妊娠なら幸せの絶頂なのかもしれないけれど、そうじゃなく“病気”として訪れるものには、その幸せオーラがまず心に突き刺さる・・・。

幸いなことに、行ったお医者さんは新しい施設だけあって、産科と婦人科が別れているトコ。
この差は、ものすごく大きい。
周りにお腹の大きい奥さんと一緒に旦那さんがくっついているような待合室に、一人で待つその苦しさと言ったら

あと、なんと言っても内診。
これほど屈辱的な格好で受ける診察はないと思う。
でも、「仕方ないのよね・・・。」と腹をくくるしかない

このハードルを2つ飛び越えられたら、もうこれほど心強い医者はいない

前来た時にもらった薬が効いて、私の体もどうやら元のバランスに戻る傾向にあるかな・・・?とほっとしていた矢先、先生が怪しげなことを言い出した。

「ちょっと、おなかが気になるねぇ」

しっかり調べるためにエコーやら内診やらいろいろ検査が待っていた。

そしてやっぱり「うーん、大きいなぁ〜」なんて先生がぼやく。

そして、さらっと「これは髪の毛っぽいねぇ」。

ふーん、髪の毛ねぇ〜・・・髪の毛

私のお腹の画像を見ながら言ってる
おかしいこと言ってるよね・・・?

「とりあえず、うちにはないMRIっていう検査で写真を撮ってきてもらいますね。」との指令が下る。
CTスキャンならやったことあるけど、MRIなんて初め聞いた。
紹介状を書いてもらって、早速月曜に行くことに。思わぬところで有休使っちゃったなぁ。。。


うちに帰ってきて、インターネットで調べてみる。

「卵巣」と「髪の毛」というキーワード。

そうしたら「卵巣のう腫」の「皮様のう腫(ひようのうしゅ)」という病気をあることを知った。



○卵巣のう腫 皮様のう腫:嚢腫の中にドロドロとした脂肪分に混じって髪の毛や歯、筋肉などが含まれている。別名:デルモイド



さらに、卵巣はサイレントな臓器だから、別の箇所が悪いと思ってお医者にかかって、偶然発見されることがほとんどだということや、女性なら誰でもなりうる病気だということも知った。



ここまで知っても、まだなんだか実感が湧かない・・・。

とりあえずMRI検査を受けてこよう。



こうして、卵巣のう腫と私は出会ってしまったのでした。
vsランソウノウシュ 23:06 comments(0)
スポンサーサイト
- 23:06 -
COMMENT









スイーツレポートばかりとなったブログ。
読んだ人が「食べてみたい!」と思ってもらえたら嬉しいなぁ。
そんなことを願いながら綴っています。
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
ブクログ
Other