スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
いよいよ手術
昨晩、9時以降はもう断食指令が下りていました。水も飲むなという厳しい掟。
そして本当は昨日の夜に1度目を行うハズだったんだけど麻酔の効きすぎで行われなかったことをやることに。

それは・・・浣腸。
今までお笑いのネタとしか認識がなかったことをやらされるなんて
おなかがギュルルルルルルル〜って言い出し、トイレへ。

コレを2度やられました。人より1回少なかったことにちょっと感謝。麻酔もこの点では吉に働いてくれたってことだ。
昨日の夜にやってたら、ぐったりで生ける屍だったに違いない・・・。

14:00〜15:00の間に手術開始予定と聞いていたんだけど、実際看護士さんが迎えに来たのは15:30でした。

点滴をし、既にふらふらなので車椅子。
コンタクトレンズも外していたので、ぼーっとした世界の中をガラガラガラガラという車輪の廻る音と共に、昨日格闘したあの手術台へ再び上りました。

昨日と同じ体勢を取って、再び脊髄麻酔の恐怖がやってきた
私は「昨日の夜に管を入れてるっていうんだから、そこから麻酔をちゅーっと入れればすぐに効いちゃうんだろうなぁ〜」なんて思っていたら、また針を刺すとの事。
えぇぇええええええ昨日の格闘はなんだったの

「昨日よりも針細いからねぇ〜」なんて言ってるけど、やっぱりなかなか入らない針・・・。
その向こうでは「MRIの写真持ってきて」だの「○○のストックないけど」とか「電気メスの準備しといてよ」など、手術に向けての準備が着々と進行中。

やっと入った脊髄麻酔。・・・しかし、効いてこない。ほとんど効いてない。
昨日、膝がどこにあるのかわからなくなった左足ですら動く。
おなかをつままれ「コレ痛い?」と聞く先生に「痛いです」と半ギレで返答。
だって本当に痛かったんだもん。

「あれれれれ・・・?麻酔効いてないね」
この一言で、固定された手も、繋がれたモニターも全て一旦外されてまた脊髄麻酔と戦うハメに。
やっとのことで2度目が注入され、どうやら今度はキチンと効いたらしい。

じわじわ失われていく感覚。

その後、点滴から全身麻酔が注入された。入ってくる瞬間にピリピリとした感覚。
2度目を注入された時には、もう意識はぼーっとしていて、頭の上にかけられた水色の布が、水面のようにゆらゆらと見えた。


気付いたら、部屋にいた。
“気付いたら”っていう表現は、適切じゃないかもしれない。
だって、誰がいてくれたのかよく覚えていない。
しかし、相方らしき温かい手が、私の手を握ってくれたのは覚えてる。
そして、再び眠りに落ちていった気がする・・・。

後で話を聞いたところ、手術は本来1時間半と言われていたところ、15:30〜19:00頃までかかったらしい。(麻酔が効かなかったから当然)

終わった時には、お母さんと相方が居てくれて、お母さんは摘出したのう腫をその目で確認してくれたという。
手術が終わった報告を受けて、お父さんと妹が来てくれた。


vsランソウノウシュ 22:16 comments(0)
スポンサーサイト
- 22:16 -
COMMENT









スイーツレポートばかりとなったブログ。
読んだ人が「食べてみたい!」と思ってもらえたら嬉しいなぁ。
そんなことを願いながら綴っています。
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
ブクログ
Other