スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
2014サロン・デュ・ショコラ―クリストフ・ベルジュの「ドームボックス」


去年のサロン・デュ・ショコラに初登場して、今年もリピート買いを決めていたのがクリストフ・ベルジュ。
国籍の異なる男女4人組でチョコレートを作るスイスのショコラティエです。
パッケージがちょっと北欧テイストっぽかったり、フランスやベルギーとは違うセンスを感じます。

去年も会場の端のほうでひっそりとブースを構えていたんだけど、今年はメイン会場である7階を離れて、イベントカフェに併設される形で8階で販売。
そして、さらに去年より品数が少ない展開…。
来年は買えなくなっちゃうのか?!来年も来てくれることを祈るばかり!

今年はドームボックスを購入しました。
2個入り2,730円(税込み)!
いろんなチョコを食べまくってますが、1粒1,000円超えのチョコを食べるのは初めてかも!
まぁ、空輸代がかかってますからね…と自分に言い聞かせつつも、この値段を出して納得して支払えるのは、絶対に期待を超えてくれるはず!という想いがあるから。

大きさは約4cm四方くらいかな?
中は↑の写真の通り4層になっています。
複数の味がボンボンショコラに凝縮されているのは多いけど、4層はなかなかないと思います。

ダークベースはマンゴーパッションで華やかな味わい。
瑞々しいジュレと、きめ細かくまったりとしたガナッシュで口の中がとってもフルーティー。
後味をダークチョコがキリッと引き締めてくれます。

しかし、やっぱりなんといってもスイスはミルクチョコレートでしょ!
珍しいマカデミアナッツのプラリネの味わいと下層のパフのサクサクとした食感、塩バターキャラメルのほのかな塩気の組み合わせがたまらない!
甘ったるくなりがちな組み合わせだけど、口の中で広がって残るミルクチョコの余韻は幸せな味がしました。

サイトは去年から一切変わらず、ロゴをクリックでメーラーが立ち上がるだけという超シンプルさ。
http://www.christopheberger.com/
切り替わる背景はチョコレートのパッケージで利用されている模様と同じです。
こういうデザイン、好きな人多いはず。
Sweets&Food 13:38 comments(0)
スポンサーサイト
- 13:38 -
COMMENT









スイーツレポートばかりとなったブログ。
読んだ人が「食べてみたい!」と思ってもらえたら嬉しいなぁ。
そんなことを願いながら綴っています。
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
ブクログ
Other