スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
2014サロン・デュ・ショコラ―ブノワ・ニアンの「ブノワMix5種」
 

ベルギーから日本のサロン・デュ・ショコラに出店しているショコラティエで唯一のニューフェイス、「ブノワ・ニアン」です。

大ぶりで親しみやすいものが多いベルギーチョコだけど、こちらはとてもスタイリッシュでジェントルマンな印象!
敢えて言わせていただくならば"ピエール・マルコリーニ”的なベルギーチョコです。
全く事前情報がなかったので調べてみたところ、ベルギーのワロン地方出身とのことなのでフランス寄りなスタイルなのも納得。

しかも…
元製鉄メーカーのエンジニアという異色の経歴。カカオ豆からのショコラづくりを徹底研究し、専用機械も独自で考案。ベルギー国内外に4店舗を構える。
エンジニアからショコラティエって異色すぎやしませんか
しかも、自らを「カカオフェヴィエ」=カカオ豆からショコラを作る職人と名乗るほど、カカオへの愛情が半端なく、さらにガナッシュとプラリネは全て自家製を使うというこだわりよう。
こんな風に紹介されると、どんなチョコなのか興味が湧いちゃうじゃないか!

というわけで、今回は新宿伊勢丹限定の詰め合わせ「ブノワMix5種」にしました。
5種って書いてあるけど、6粒入ってました。こちらで2,205円なり。

▼オートクチュール・コレクション(四角いボンボンショコラ+ハート型)
・バニラ
・フィグ&ラズベリー
・レッドハート
(※まだ食べてないので、後から追加します)

▼デリショコラ・コレクション
70%ダークショコラにディップ(コーティング)した香ばしくて食感が大いに楽しめる3種。
・キャラメル ピーカン ブリトル
・アーモンド ブリトル
・オランジェット

「ブリトル」はキャラメルとナッツを固めたお菓子。
キャラメル ピーカンのブリトルは、歯ごたえサックサクの塩キャラメル(食べた後、歯に残っちゃう系なので美味しいけど要注意!)、
一方アーモンドは、薄くスライスしたアーモンドを何層にも重ねているので、軽やかなナッツの食感が楽しめます。
オランジェットはやっぱり安定の美味しさ。
どれも、ダークチョコのほろ苦さが中身より際立っているので、後味と香りはスッキリしてます。




この人のこだわりはサイトにも現れてました。!
カカオの林を横断するような横スクロールのデザイン。
画面全体から「カカオにこだわってるよ!!」アピールが半端ないです。
ベルギーという土地柄、フランス語・オランダ語・英語に対応。
http://www.benoitnihant.be/

日本語の情報は、ほとんどないのでサロン・デュ・ショコラのサイトをどうぞ。
http://www.salon-du-chocolat.jp/


Sweets&Food 19:23 comments(0)
スポンサーサイト
- 19:23 -
COMMENT









スイーツレポートばかりとなったブログ。
読んだ人が「食べてみたい!」と思ってもらえたら嬉しいなぁ。
そんなことを願いながら綴っています。
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
ブクログ
Other