スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
勝手にふるえてろ
綿矢りさの作品を読むのは、今作が初めて。

いつからだろう、さらなる飛躍という言葉が階段を駆けのぼるイメージではなくなり、遠くで輝くものを飛び上がってつかみ取り、すぐに飽きてまるきり価値のないものとして暗い足元へ放る、そしてまた遠くへ向かって手を伸ばす、そのくり返しのイメージに変わったのは。

1頁8行目からのこの数行で、心をぐっと持っていかれて、そのまま本を購入してました。
ちょうど仕事がひと段落したタイミングで(正確に言えば「した、と思ったタイミング」)だったこともあって、“これまで”と“これから”を考えていた私にズシリと響いたフレーズでした。

主人公は、上京して大手の経理部に勤務、趣味はwikipediaで絶滅危惧種の情報収集とアニメイトなら何時間でもいれるという26歳の元オタク女子・ヨシカ。
中学時代の初恋の相手「イチ」を忘れられず、彼の思い出を自分の中でコロコロ転がしながらキレイに磨き上げてきたところに、自分と付き合いたいという同期社員の「ニ」が現れる。もちろん恋愛偏差値は低くて、年齢=彼氏いない歴という彼女はどちらを選択するのか?というストーリーでした。

まず思ったのは「こんなに勢いのある文章をどれくらいの時間をかけて書いたのだろう?」という驚きに近い疑問でした。
小説だからそりゃ時間をかけて書いているに違いないと思うんだけど、文章からヨシカのぐるぐる高速回転するような思考が、実にわかりやすく&その上スピードがまったく衰えずに迫ってくる印象を受けました。この作家さんは、言葉の使い方がうまいんだなぁ。

ストーリーについてはいろいろ思うところがありました。
「過去」はあくまでも「過去」であり現在進行形ではないことを痛感するシーンから、物語が加速度をあげて進んでいくんだけど、そこからクライマックスへ向けての展開が「え???!」という頭の中に常に「?」が浮かんでいる状態でした。
恋に恋していた女の行く道は、嫉妬や憎悪という負のオーラをまとって暴走するんだけど、それがなんだか…方法があまりにも幼稚で自己中心的(まぁ、それがいけない方向に行ってたらこの作品はサスペンスになってしまうわけですが)。
ただ、裏を返せば「付き合う」という行為は、それだけ人をいろいろな意味で「大人」にするのかもしれない、なんて思ったり。

ちょっと残念だったのは、ヨシカが心の中で愛で続けてきた中学時代の「イチ」は頭の中でイメージが簡単にできたんだけど、大人になった「イチ」とその正反対の人物として登場する「ニ」の人物像がイマイチくっきりと形にならなかったなぁ、という印象だったこと。
ヨシカの視点で描かれているから、「イチ」が秀でているのはしょうがないんだけど、もう少し今目の前にいる2人の魅力が感じたかったなぁ。



book 17:26 comments(0)
スポンサーサイト
- 17:26 -
COMMENT









スイーツレポートばかりとなったブログ。
読んだ人が「食べてみたい!」と思ってもらえたら嬉しいなぁ。
そんなことを願いながら綴っています。
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
ブクログ
Other