スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
クワイエットルームにようこそ
忙しさに振り回されながら毎日を過ごすバツイチのフリーライター・佐倉明日香。
そんな彼女が目覚めたら…そこは精神病院の真っ白な隔離病室「クワイエットルーム」で手足を固定された状態だった

監督・脚本が松尾スズキ。
主演に内田有紀、その彼氏役に宮藤官九郎。
同じ病棟で過ごす患者役に大竹しのぶや蒼井優。
彼女たちの看護師役にりょう。宮藤官九郎の弟分に妻夫木聡と、個性豊かなキャスティング

最初の頃は、忙殺されて行き詰っちゃったから睡眠薬を過剰にとっちゃった突発的な事故なのかと思って観ていました。
さすが松尾スズキだけあって、ユーモアたっぷりに描かれているところは、ホント思わず笑ってしまうほどのインパクトがあります

「私はこんなところに世話になるような人間じゃないんだ!!早く出してくれー!!」とアピールする明日香。
しかし、彼女の過去や救急車で運ばれることになった夜の出来事のことが、ストーリーが進むにつれ詳細にわかっていくと「こんなところ」がどんどん近づいてくる感覚になります。
コメディを見ていたつもりなのに、いつのまにかヒューマンドラマに変わっていて、誰でも持っている心の弱さがある日突然ダムが決壊するように溢れ出してしまったら、きっと「こんなところ」と思っていた場所は、自分のすぐ近く、もしくは居場所になってしまうんだろうなぁ。

食べたいのに食べれないという拒食症で入院している蒼井優ちゃんの今にも折れそうな細さ(この映画のために断食したらしい!)、大竹しのぶさんのぶっとんだ演技は、まさに女優魂を感じずにはいられません。拍手っ

女性陣が迫真の演技をしている中で、その重苦しい空気を吹き飛ばしてくるのが妻夫木聡演じる眉毛が繋がった男の子w 彼の存在が、この映画をいい意味で軽くしてくれています。

ものすごく重たい題材を、隠し味にユーモアを加えて料理。
それでも伝えたいことはずっしりと心の奥に響いてくる、そんな映画でした。


movie 22:25 comments(0)
スポンサーサイト
- 22:25 -
COMMENT









スイーツレポートばかりとなったブログ。
読んだ人が「食べてみたい!」と思ってもらえたら嬉しいなぁ。
そんなことを願いながら綴っています。
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
ブクログ
Other