スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
つむじ風食堂の夜
amazonの商品紹介に
2002年に筑摩書房より発行され、同社内の最高発行部数を誇る吉田篤弘の人気小説
という表記がありました(本のページではなく、オリジナルサントラの商品ページに)。
どれだけ売れたのかは知らないけれど、こんなほわわわ〜んとした作品が最高部数とは驚き。

月舟町というこじんまりしたどこにでもありそうな雰囲気の街が舞台。
雨についての研究をしながら物書きで生計を立てている“先生”がこの街に引っ越してきたところから物語が幕を開けます。
交差点に位置していて、いつもつむじ風がお店の前を通り過ぎるからみんなに「つむじ風食堂」と呼ばれているお店がみんなの憩いの場。
そこに集う数人との8つのエピソードで構成されています。

食堂内での料理の描写があるけれど生唾を飲み込むような綴り方ではなく、あたたかい空気に満ちていてそれぞれが夕食を楽しんでいて、このお店が好きなんだなというのが伝わってくるような描き方です。

先生の父親のエピソードや登場人物それぞれの人間性について触れるところもあるけれど、深く切り込むことはなくて、冒頭にも書いたけど全てが「ほわわわ〜ん」としています。
起承転結の「転」を感じさせない本とでも言えばいいでしょうか。
ストーリーを楽しむというよりは、夜の雰囲気を楽しむ本です。
のんびりと過ごしたい夜を“素敵な夜”に変えてくれる力はある、そんな本です
決して会社に向かう通勤電車向きではないですね。仕事したくなくなるもんw
お疲れ気味の人にプレゼントしてあげたらバッチリかもね。

活字だからこそ、それぞれの先生像、それぞれのつむじ風食堂のイメージが思い描けるし、ちょっと物足りないからこそ、登場人物のその後を想像するのも楽しいし。

↑で書きましたが、私はもっとストーリーを楽しみたい派なので、平坦だったストーリーに対してってことで☆は3つにしました。
book 21:50 comments(5)
スポンサーサイト
- 21:50 -
COMMENT
これ、何回でも読み直せるから好き!
mippon 2010/05/06 4:23 PM
確か八嶋さんが主演で映画になったんだよね。
あ、無法地帯の新刊かったけどよむ?
あや 2010/05/08 11:07 PM
☆mippon
おぉ!mipponもこの本持ってるのね!
確かに何度でも読み返せるね〜。
“満足しない”っていうのが、この本の魅力かもしれないね。

☆あやちゃん
映画になってたんだ!
八嶋さんが先生役って、似合ってるかも。
屋根裏の部屋が似合いそうw

「午前3時の無法地帯」って続きあるの?!って調べてみたら、主人公が別人なのね!
是非読みたい!!

っていうか、ずっと本借りっぱなしでごめん;;
エリつん 2010/05/09 9:57 PM
ほーい。おかししまーす。

はなしかわるけど
BAD ASS COFFEE神保町がつぶれてた!
スパムおにぎり食べたり無いよぅ><
あや 2010/05/26 11:40 PM
☆あやちゃん
待ちきれずに「危険地帯」買っちゃったよ!
あと10日ほどで「ペンとチョコレート」も出るね。
すっかりねむようこワールドにはまった感じ。

BAD ASS、日本から撤退したっていう噂だよ…凹
エリつん 2010/05/28 6:18 PM









スイーツレポートばかりとなったブログ。
読んだ人が「食べてみたい!」と思ってもらえたら嬉しいなぁ。
そんなことを願いながら綴っています。
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
ブクログ
Other