スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
君たちに明日はない
最近、NHKの土曜9時のドラマが非常に面白いと思う
この枠で前クールに放送されていたのが、「君たちに明日はない」です。
http://www.nhk.or.jp/dodra/kimiasu/

リストラ請負会社である日本ヒューマンリアクトに勤める村上真介が主人公。ドラマでは坂口憲二が演じてました。
建設会社、銀行マン、デパートの外商部、おもちゃの商品開発、コンパニオンに温泉旅館に消費者金融まで。
様々な職業に就く、様々な人たちの人生と向かい合っていくストーリーになっています。

リストラという極めてネガティブというかドロドロとした人間劇が密室で繰り広げられるにも場面が多いにも関わらず、どこかカラッとした清々しい印象を与えるのは、リストラを受ける人のほうが最終的には一筋の希望を見出していくからかな。
いや、これを読んでいる時点では私は主人公と同じ、もしくは面接会場をチラッと見ている傍観者だから「面白い」と思えるのかもしれない。

村上の恋人である8歳年上の陽子。
彼女は、村上担当のリストラ面接を受けたことがきっかけで付き合うようになるという「えーーー、それはないわぁ」なんだけど、陽子の単純で喜怒哀楽が激しいっていう性格を踏まえると、それもありなのかなってだんだん思えてくるあたりが設定の上手さなのかな。
ドラマでは田中美佐子が演じていて、本を読んでいる間2人の姿が私の頭の中を動き回っていましたww

原作本とドラマはほんの少し設定が変わっているところがあって、ストーリーからすると私はドラマ版のほうが好きでした。

特に真介と陽子の恋愛絡みのエピソードは、ドラマ版のほうが上手く練られていたと思う
原作本では、すぐに2人が恋人関係になってしまって唐突に性的描写が入ってきたりと、なんだか陽子がとても尻軽な感じに描かれていたのがちょっと残念
まぁ、先にドラマを見てから本を読んだという順番から来る印象はあると思うのですが。

ただ見方を変えて、仕事=理性、恋愛=本能だとするならば、敢えて露骨な描写をすることで“人間らしさ”を炙り出そうとしてたんじゃないかな?とも考えられたり。

続編である「借金取りの王子」ではそういう描写が減っていたし、解説にも書かれていたけど女性を主人公にしたエピソードが多いからそういう点が配慮されてのかもしれません
・・・って、この解説を書いた宅間孝行さんがドラマの演出を手掛けていたと、HPを見て初めて知った
しかも、演出は朝の連続テレビ小説「つばさ」で真瀬さんを演じてた人じゃないですか
原作本を上手いことアレンジしたなぁ〜。素晴らしい

第3弾の「張り込み姫」というのも出ているらしいので、それも機会があったら読んでみようと思います。

book 12:21 comments(1)
スポンサーサイト
- 12:21 -
COMMENT
クラフトマーケットではお世話になりました。
最近坂本由佳さんのブログが更新されていないのですが
ご存知ですか?
心配しています><
まつ 2010/05/14 8:52 PM









スイーツレポートばかりとなったブログ。
読んだ人が「食べてみたい!」と思ってもらえたら嬉しいなぁ。
そんなことを願いながら綴っています。
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
ブクログ
Other