スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
すれ違いにやきもき―君に届け9巻
発売日前日に閉店間際の書店に行けばフライングゲットできるかな?と思い、品川駅構内の書店に行ってみるもまだ並んでなくて、諦めるのも癪だったので東京駅構内の書店へ梯子。
翌日発売のコーナーは整理されているのに、待てど暮らせど出てこない
結局発売日当日の朝にゲットしました。

品川駅で買って、恵比寿の会社に着くまでに読み終えようと早速読み始めたところ、数ページでいきなり物語最大の山場。



電車の中で思わずこんな顔をしてしまったに間違いないくらい、思いがけない展開が待ってました。

高校2年に進級しクラスメイトとなった健人。彼のおせっかいのおかげで少しずつすれ違っていた爽子と風早くん。
これまでも、容姿や雰囲気で勘違いされてきた彼女が少しずつ友情や片想いを経験しながら成長していく様が描かれていたけれど、この9巻は一番のダメダメっぷりと成長っぷりが見れるターニングポイントとなる巻だと思います。

コミュニケーションの取り方がまだまだ上手ではないことに加えて、「どうせ自分なんか」という自分自身に対する自信というか自分で自分を認めてあげられていないことが、どんどん悪い展開を引き起こしていくストーリーに、イライラ
ただ、彼女にはちゃんと彼女に対して本気で怒ってくれる人(ちづ)、優しく且つ的確にアドバイスをくれる人(あやね&龍)、背中を押してくれる人(くるみ)がたくさんいるっていうところに、うるうる来ました

特に、私が気に入ったのがこれまで憎まれ役だったくるみ。
これまでは女であることを武器にするようなタイプでいけ好かなかったけど、9巻では言葉に棘があるけれど、実に凛としてて強くてカッコイイ

反対に健人は「あんた何したいの?」っていうくらいうざかったなー
健人自身が気付いていないのかもしれないけど、きっと健人も爽子のことが好きなんじゃないかな?
じゃなかったら「俺と付き合う?」なんて軽く言うな、ボケ

お互いの勘違いが原因で、さらに遠くなっていく爽子と風早くんの関係にハラハラ
自分の気持ちをキチンと伝えなきゃとようやく走り出した爽子っていうところで9巻終了。
展開が気になるいいところで終わるっていう、読者泣かせの展開。

作者の椎名軽穂さんが、産休からカムバックで9巻の続きを現在発売中の別冊マーガレットで読めるってこともあって、別マ購入&立ち読みする読者がものすごく多いだろうなぁ。
そういう私も立ち読みはしなかったけど、mixiコミュで続きを確認してしまいました
だって…、待ちきれなかったんだもんw
本誌でようやく連載が再開されたので10巻の発売はもう少し先になりそうですね。

その間にTVアニメで「君に届け」が始まり、それにあわせてDSでゲームも発売されるとか。
さらに来週9/14〜竹下通りを中心に原宿を「君に届け」がジャックするそうです!
しばらく「君に届け」フィーバーが続きそう


book 12:52 comments(0)
スポンサーサイト
- 12:52 -
COMMENT









スイーツレポートばかりとなったブログ。
読んだ人が「食べてみたい!」と思ってもらえたら嬉しいなぁ。
そんなことを願いながら綴っています。
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
ブクログ
Other