スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
カルティエ展に行ってきました。
東京国立博物館・表慶館で開催されている『Story of…カルティエ クリエイション〜めぐり逢う美の記憶』展に行ってきました

薄暗い室内に浮かび上がる眩いばかりのジュエリーたち。
七色に輝くダイヤモンド、柔らかな光を放つパール、目の大きさはあろうかというルビーやサファイヤなど色鮮やかな宝石たち。
そして、石の魅力を引き出しさらに高める繊細で美しいデザイン

私が知っているカルティエの知識って、ビズモチーフのラブリングと赤いロゴのイメージくらい
そんな状態で見に行ったから余計に、カルティエがアジアやインド、エジプトからインスピレーションを受けてデザインされたジュエリーのデザインや色使いの独創性にはビックリ。
伝統を守りその伝統をさらに磨き上げていくという側面と、常に新しいものを吸収しそれを形にしていくという側面、両方を持ち合わせているカルティエの懐の深さを見せ付けられた気がします。

さらに最後の部屋では、「今展の思い出に・・・」と香水が香っています。
記憶を嗅覚に焼き付けるなんて、実ににくい演出
こういうちょっとキザだけど実に印象的な演出がさすがフランス気質って感じ。

贅を尽くした約280点ものジュエリーを目にすることなんて、滅多にない経験。
一体この会場だけで総額いくらなの?何十億?何百億??
それくらい圧巻の出品点数です。



会場となった表慶館は、明治初期に建てられた洋風建築で重要文化財。
ドーム屋根のグリーンが美しく、正面入り口前には阿吽のようにライオンが鎮座している重厚な作りで、建物内の両サイドには2階からお姫様が手すりに手を軽く添えながら優雅に降りてくるような螺旋を描いた階段。
この会場だからこそ、カルティエのジュエリーが何倍も輝いて見えるんじゃないかな?
建物とジュエリーのコラボレーションとも言える素晴らしい空間でした

表慶館を少し奥に行った平成館では阿修羅展が開催中。
GW中は両館とも夜8時まで開館しているので、阿修羅展で仏教彫刻を堪能してから、表慶館で宝石の美に触れる1日なんていうのもいいかも

展覧会HP
http://www.storyof.jp.msn.com/

会期:5月31日(日)まで

料金:一般1400円

art 00:49 comments(0)
スポンサーサイト
- 00:49 -
COMMENT









スイーツレポートばかりとなったブログ。
読んだ人が「食べてみたい!」と思ってもらえたら嬉しいなぁ。
そんなことを願いながら綴っています。
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
ブクログ
Other