スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
やさしくな〜れ
twitterでもつぶやきましたが、3月12日に感じたこと3つを書いておこう。

まずは、朝のモスバーガーでのこと。
泊めてもらった水天宮っていううところは日本橋にほど近く、11日夜はそのままオフィスに留まった人も多かったみたい。
そんなこともあってか、朝ゴハンを求めてコンビニに行っても何一つなかった。
本当にゴハンになりそうなものは何一つ。

8:30になって近くのモスバーガーが開いたというので行ってみたら、店内では既に10人くらいの人が待っている。
普段はこんな混み方は絶対にしないんだろう。オーダーを取っているのは初々しい中国人と思われる女の子。
カタコトの日本語で一生懸命を通り越して必死になってオーダーを取っていた。レジの操作もあまり慣れていないのか、焦り過ぎちゃっているのか、打ち間違いも多くててんやわんや状態。

注文を終えてお店の中で待っていたら、相方の携帯が鳴った。
お店のオーナーさんからで急いで店を開けたいから至急戻ってきてほしいとの要請。
イートイン注文していたのを急きょテイクアウトに変更してもらわなくてはならない事態に、「あんなに大変なのにごめんね…」と思いながらお願いした。

その後、お店の応援スタッフが2名到着したこともあって、調理場もレジもどうにかスムーズに回るようになった。テイクアウト用に変更してくれた袋を持ってきてくれた彼女に「ありがとう」と目を見てお礼。一瞬だけどパッと明るくなった表情。必死になって強張っていた顔がゆるんだと思う。
やっぱりこういう時はちゃんと「ありがとう」を言うことが大事なんだって思った。

--------------------------------------------

電車が動いて、千葉に帰るのに乗った成田空港行きの快速は、いままで見たことがないほど人種のるつぼ状態だった。
前日に空港に行けなかった人が千葉に泊まったらしくて、千葉からがものすごい混雑。
私の横に座ったのが、6か月くらいのハーフの赤ちゃんを連れた日本人の女性だった。

赤ちゃんがうーうーと楽しそうな声を出して、流れる車窓を見ている。
それにお母さんが「あれは車だよー」とか「さっきより緑が多いねぇ」なんて声をかけている。
そんな光景だけで本当に癒された。
みんなが不安を抱えて乗っている電車の中、無邪気な赤ちゃんの笑顔は太陽みたいな存在だった。

赤ちゃんは私に興味を示してくれて、私は握手をして地元の駅に降りた。
自然とお母さんに向かって「お気をつけて」って言ってた。
その後、離発着が滞るような地震は起きていないから、きっと無事に出国できたと思う。

---------------------------------------------

家に着いてから、私のことそして相方の家族を心配してくれていたことを聞いた。
久しぶりに5人そろっての食事が何回も続いた。
それぞれ働いている場所が違うから、食卓に5人が揃うなんて1ヶ月に1回あるかないか。
その時だって、TVが主にしゃべっていて、自分のことを話すことなんてあまりない。

そんないつもの光景が嘘みたいに、みんなで話をしていて、これが絆っていうんだなっていうのが感じられた。

料理は言えば出てくるような生活をしていたけれど、そうじゃない。
協力して支えあっていかなくちゃ。心の底からそう思った。

---------------------------------------------

震災は大きすぎる爪痕を残しているけれど、こんなにも人とのふれあいが暖かくて幸せなことだって教えてくれたと感じています。

計画停電が事前のアナウンス通りに実施されなかったり、いろんな情報や状況に振り回されて、なんとなくささくれだってきているような気がします。
グチるのは大いに結構。でも、それは町中で話すべきことなのかということを一度立ち止まって考えてから発言すべきだと思った。
みんなそれぞれ頑張ってる。そりゃ、いつものように行かないこともあるだろう。
でも、「だって今は“いつも”のルールじゃないこともある」ってことを理解していないと、不要なイライラを自分の中に蓄積してしまうだけだと思う。

深呼吸して一度冷静になれば、きっと優しくなれるはず。

思ったこと。感じたこと 18:59 comments(1)
“運営する”ということ
激務祭り継続中なのですが、最近よく思うことを書き連ねておきたいと思って記事更新。
(久々の「ストレス解消兼自分の心を落ち着かせるための儀式」みたいなものです)

私の仕事は「プロジェクトマネージャー」というポジションで、クライアントと実制作メンバーの間に立って、スケジュールの管理やら必要書類の作成などを行う仕事がメインです。
なので、時にはクライアントに向かって「それはできません」とか「言ってたことが違いますよね?」なんてことも言わなきゃいけないし(言ったところでどうにもならない場合もあったりしますが…)、制作メンバーに向かって「ここはこう作ってください」と強く言わなきゃいけないこともある。
ただ、これって対クライアントも対制作メンバーも顔も知ってりゃ、個性や性格もある程度知っているし、家族構成や生活パターンなんてのもわかってる。
実際に会いに行ってお話すれば、お互いの言っていることの意図とか状況の把握とか、共有できたりするんだよね。

そんな仕事をしながら、私は1つのサイトの運営にも携わっています。
季節感が求められるコンテンツがあるのに、残念なことにここ数か月滞っていました…。
おかげでPV数は落ち込み、そうなると(お金の話になっちゃうけど)広告収入ももちろん落ち込んでいくわけです。
まさに負のスパイラル。

さらに、最近携わっている仕事の運営にも疑問を感じることが多い今日このごろ。
運営するのはクライアント先なのですが、やり方に疑問を感じてしまうこともあるんです・・・
まぁね、その会社の社風やノウハウがあった上で判断していることだとは思うのですが。
どんなにがんばって作った料理も盛り付けるお皿がボロボロだったらお客様には美味しそうに見えない。
実制作に携わっているメンバーが、睡眠を削り、休日を削り死にもの狂いで作り出しているものを、最後にどうユーザーの前に出すかでその印象はガラっと変わってしまうもの。

「運営」という言葉の意味を調べてみると…
→団体などの機能を発揮させることができるように、組織をまとめて動かしていくこと。
だそうです。目的に対して仕事を進めていく という意味合いで取ったらいいかな。
となるとこの「目的」っていうのがとても重要且つ厄介。

「営」の字が「営利」になって「利」しか見えなくなった時に、その先にいるユーザーのことは見えなくなったカネゴンにしかなれないと思うのです。
「営」の字は「成し遂げたい何かに一歩ずつ前進していくための営み=仕事」にならないと、やりたかったことの本質まで見失っちゃう。

どのサイトの運営もそうだと思うんだけど「ユーザーに喜んでもらう」っていうのが、大命題のはず。
そのサービスを継続できる経費と+αの利益を得る策を講じて、さらにいいサービスが提供できるようにグレードアップさせてゆく。
サイトを運営している中ではユーザーの声は吸い上げにくかったりするけど、コミュニケーションはとれるはず。
となると、そのサイトの運営していく上で最後のチームメンバーはユーザーってことなんだろうな。

私に任されていることはできる限りがんばろう。


思ったこと。感じたこと 17:04 comments(1)
「仕事」についてあれこれ
超久しぶりに、考えてたことをつらつらと書こうと思います。
つまり「考える」余裕ができたってこと

改めてブログを振り返ってみると、去年の12月からずっとレビューばかり
つまりそこら辺からもういろいろ考える余裕はなかったんですな
(レビューもね、一応感じたことをまとめながら書いてるんですよ。←言い訳)

そんな約10か月ほどにわたって携わってきたプロジェクトが、先日ようやくリリースされました

いやぁ、本当に長かったし、今思えばとてもドラマチックなハプニングばかりでした
空中分解しそうになったこともあったし、何度も心が折れそうにもなりました。
その都度twitterで愚痴をはきながらがんばってきた、というのが本音。

ただ、「忙しすぎる」と思ったことは何度も(っていうか毎日のように)思っていたけれど、「辞めたい」とは思わなかった。
それが前の職場とは決定的な違い。
何が違うかって雰囲気というか空気が違う。それが一番大きなことだと思います。
日々の仕事の中でいろいろと思うことはあるけれど、“みんな仲が良い”っていうことはやっぱりいいことだなぁと改めて思った。

今回、プロジェクトの全体ディレクションというポジションで、一番多い時は社内・外注含めて15人以上のスケジュールや進捗を把握しながら開発を前に進めていく(しかもかなり無理矢理に)という、それまでの仕事から一気に飛躍した仕事内容にあっぷあっぷにもなりました。
世に出たから言えるんだけど、今となってはそれはかなり貴重な経験だったなぁと思います。

納品したから終わりっていうのではなく、むしろリリースしてからスタートというタイプのものなので、これからもまだまだ続くんだな、これが
今じゃ、外注先の担当者さんにも「お疲れさまです」とメールを書くくらい苦労を共にした「チーム」というまとまりが出てきた気がしてますw
引き続き、頑張ろう


対して、相方はというと、夏前にようやく就職したのですが転職活動を始めるようです。

売り上げが芳しくないから、お金がかかる正社員の出勤日を減らして人件費のかからないバイトで店舗を回していくという方針をオーナーが決めたらしい。
即答で「別の仕事、探してもいいですか?」との質問に「転職活動するならそれを考慮してシフトも組むようにするから」と言われたとのこと。

まぁね、遅かれ早かれ転職活動はまたするだろうとは思ってましたよ。
お給料が少ないって会う度に言ってたもん。

去年は意気込みだけでぶつかっていって玉砕を繰り返してたんだから、今度転職するつもりならある程度仕事も一通り覚えたんだし、空いてる時間に勉強するとかスキルを磨く努力が必要だよと言っていた矢先の出来事。
本当に、どんな運の持ち主なんだよ…っていう。。。

前職みたいにいきなり会社がなくなるわけではなく、収入はある程度確保しながら時間を作れるっていうのは、まだ前よりはいいな。

うるさく言うつもりはないけれど、やっぱり28歳(あと1か月ちょっとで29歳)にもなると「やりたいことを探す」というよりは「譲れないものを優先する」っていう考え方をする必要があるのかな?と思った。
企業の技術職なら、同い年はある程度スキルが身についていて当然の年齢だし。

こんなことを考えている私より本人のほうがツライし大変なのはわかってる。
また転職活動しなきゃいけないのか…と思ってるに違いないもん。
でも、やるっきゃないんだけど。


なんだかとりとめない話になってしまいましたが、働いて金銭を得ることはもちろん重要だけど「仕事」がもたらす感情のあれこれってやっぱり生きている上でかなり大きいと、この記事を書きながら改めて思った。
だからこそ自分が納得できて楽しく働ける場所を求めて、職場を探していくんだもんね。

先週末は土日ともに休日出勤していたので、体は「だるいよー」と嘆いていますがあと2日がんばります。
で、週末には気分転換で髪を切って映画を3本見るのだ

思ったこと。感じたこと 23:28 comments(0)
「正反対」と「真逆」
ふとしたタイミングでTVから「真逆」という単語が聞こえてきてハッとしました

なんでこの言葉が頭に残ったのかというと、教育実習へ母校へ行った時「真逆」と言ったらすかさず
「“真逆”っておかしいだろ?正しくは“正反対”だ」
って指導担当の先生に注意されたのでした。

それから数年が経ち、TVで普通に「真逆」が聞こえてきた。
っていうか、最近「正反対」っていう言葉自体あまり聞かない・・・?

大辞泉によると・・・

正反対
[名・形動]全く反対であること。まるで逆なこと。また、そのさま。「―な(の)考え方」

真逆
[名・形動]《「逆」を強調した俗語》まったく逆であること。正反対なこと。また、そのさま。「前作とは性格が―の人物を演じる」


意味は全く同じで、「逆」を強調したのが「真逆」か。ほ〜ぉ。
さらに噛み砕くために「反対」を調べてみると・・・

反対
[名・形動](スル)

物事の位置・順序・方向・あり方などが逆の関係にあること。また、そのさま。あべこべ。「左右―に置く」「気持ちと―のことを言う」「風向きが―になる」

(つい)をなしているものの一方。「―の手を出す」「白の―は黒」

ある意見などに対して逆らい、同意しないこと。否定的であること。「君の意見には―だ」「法案に―する」「党内の―派」⇔賛成

2の用法で「反対」の対語がないから、類語で「反対」よりも「対を成すもの」として捉えやすい「逆」を使った言葉が出てきたんだろうな。

「真逆」が市民権を得ているのはわかったけど、響き的にはやっぱり「正反対」のほうが美しい気がします。
咄嗟のタイミングで美しい日本語が自然と出てくる人っていいなぁ。

思ったこと。感じたこと 15:02 comments(0)
スッキリ整理の2009年
あと30分足らずで今年も終了なんだけど、全くそんな感じがしません。
「大晦日」っていう実感が全く湧かないまま、年が明けそうです

会社的には25日で仕事納めだったんだけど、土日そして月曜と仕事をしていて、ようやく火曜日から冬休み。
それから今日までの3日間はひたすら掃除をしてました
1日目は自分の部屋、2日目は自分の部屋と階段や廊下のフローリングをひたすら磨き、今日は洗面所とお風呂場を徹底的に掃除。細かいところまで歯ブラシを使ってゴシゴシゴシゴシ
思えば、今年はこんな感じで細かなこと・ものをゴシゴシと整理した1年だったような気がします。

今まで溜め込んでいたものを分けること、そして思い切って捨てることができるようになりました。
そのおかげで、これまでより部屋がスッキリ保てた
真の血液型が判明して3年。ようやく「A型の自分」を受け入れられてきたのかな?とも思います。
まぁ、都合のいい時だけB型に戻らせていただきますがw

お金の使い方にも変化があった1年でした。
というのも、ブログには初めて書きますが、今年の6月相方が勤めていた会社が不況の煽りを受けてなくなってしまい、現在に至るまで仕事に就けずにいるということが大きく関係しているのだけど、大学時代に戻ったみたいな節約デートを繰り広げてきました。
節約のためなら、お弁当も作るし、電車賃も節約するために歩く。
それが苦ではなく(むしろお金を理由に会えないことのほうが苦なわけで)、様々な制限がある中で「こうしたらいいんじゃないか?」って考えることができたのが、自分にとってはプラスだったかな?と捉えています。
にしても、私たち2人は毎年何かしらの事件が起こります

27歳という年齢もあって、同年代の結婚とか出産とか、おめでたいことが続いた1年でもありました
学生の頃のようには遊べなくなってしまうけど、それぞれの場所でみんな生活しているってことには変わりないし、みんなが新しいページをめくっていく様子を知らせてくれるのは、本当に嬉しい
たまに思い出してくれて連絡をくれるっていうだけで、繋がっていることを実感できるのが幸せだなぁと思うようになりました。
そういう点では、コミュニケーションにも変化があった1年だったかも。メールを放置しても&されても、あまり気にすることが無くなりましたw

さて、2010年。どんな1年になるのかな?
しっかり前へ向かって一歩一歩前進していく1年にしたいと思います



思ったこと。感じたこと 23:19 comments(0)
おめでたいことづくしな今日この頃
ここ最近、私の身の回りでおめでたいことが続いています
私の周りは11月生まれが特に多いんだけど(仕事上のお付き合いの方も含めれば11人もいる。しかもみんな後半に集中)、さらにそれを上回るビックイベントが続きまくり

前職の後輩が赤ちゃんを出産
結婚式にも出席させてもらったのが去年の3月でした。時間が過ぎるのは本当にあっという間
11歳年上の旦那様は建具職人さん。かっこいいなぁ〜。
子ウサギを貰いに遊びにいったこともありましたそのウサギは今neoんちで元気に暮らしています。
2次会で花嫁のブーケを頂いたんだけど、まだ効力は発揮せずに温存中ですw
くりちゃん、ご出産おめでとう ベイビーの健やかな成長を楽しみにしています

元同僚tomochu&モリヲが本日入籍
2人の付き合った記念日である今日、めでたく入籍されました
ビジネスネームは旧姓のままというので、HNではなくリアルでの呼び名は今までどおり継続させてもらいますw
来週末は2人の結婚式
受付の役目を仰せつかったので、ハレの日に泥を塗るような粗相はしないようにがんばります

さらに、大学時代の友人も本日入籍
「12月に結婚すると思う」って言ってた彼女からいきなりのメール。
内容は「本日入籍しました」と。サプライズすぎてビックリしました
彼女は結婚式やパーティーは考えていないというので、年明けたら久しぶりに大学1年生からのクラスメイト4人で集まれたらいいなぁ。

mixiで小学時代の友達が来年1月に出産予定だって知ったのも嬉しい驚きでした
来年は4月に高校の友達が、5月にゼミの同期が結婚します

これが噂に聞くビックウェーブってやつかぁ?
軽やかにその波を超えていくためにまず計画的にお金を使わないと
衝動買いは出来るだけ我慢せねば冬のセールの誘惑に負けないように頑張れるかが問題だ
思ったこと。感じたこと 23:18 comments(3)
誕生日占いをやってみた
マイミク英ちゃんがやっていて「こりゃ面白そうだぞ!」ってことで、早速やってみました

やり方はというと、こちらのブログからサイト内で自分の誕生日を探すだけ
http://froms.way-nifty.com/365/

それでは、早速私の誕生日3月17日をチェック

★3月17日生まれ

3月17日生まれの人は、「非日常的な経験から多くを学ぶ」

長所は?
 
●思慮深い ●計画をたてるのがうまい ●優れたビジネスセンスがある ●1人で考えることができる
●労を惜しまない
 
短所は?

●頑固なところがある ●いい加減 ●気分屋 ●1つの考えに固執する ●批判的 ●疑い深い

性格と運命
 
●直感力と分析力を備えており、感受性が鋭く現実的です。
●カリスマ性があり、豊かな想像力と優れた創造力、そして鋭い感受性を持っていますが、
 協調性に欠ける面があります。
●ストレスがあると、不安や疑惑といった感情が抑えきれなくなり、悲観的になります。
●懸命に仕事をすれば必ず成功が手に入ります。報酬を手にするには、まず仕事や
 義務を終わらせてしまうことです。
●深い洞察力と優れた直感力が備わっています。
●同情心が厚く、率直で誠実さを備えているので、人に頼られ、
 あなたからも弱者に手を差し伸べます。
●楽観的な時は、次々にアイディアが浮かんで、会話を盛り上げます。
●プラス思考があるにもかかわらず、すべてに満足できずに、極端に批判的に
 なることもあるので注意しましょう。
●たまには、旅行をするなど日常から離れ、知識を増やし、
 新たな経験をして自分を高めることも大切です。

4歳〜33歳まで⇒独断力、大胆さ、活力が増し、新しい冒険をしたいという願望が強くなります。

34歳の時⇒生活と情緒の安定と平穏を求める気持ちが高まります。

仕事と適性

●すばらしいビジネスセンスと、楽観的な展望を持っているのはよいのですが、
 そう簡単に物事は進みません。そういうことばかりではないということを
 知っておきましょう。
●幅広い興味を持ち、大胆な行動を起こすあなたは、忍耐力と勤勉さが欠けています。
●土壇場にならないと始めなかったり、仕事を途中で放り出す傾向があり、
 それがもとで欲求不満や不安に襲われることがあります。
●真面目に働き、細心の注意を怠らなければ、その分野でも高い地位に就くでしょう。
●持ち前の創造性をビジネスにうまく活かして大衆芸術作品を生みだすなど、
 自分の才能を商品化する職業で成功するでしょう。
●教育、旅行、公益事業、政治などの分野でも力を発揮します。
●ダンス、音楽あるいは演劇なども向いています。

恋愛と人間関係

●大胆で情の深いあなたは多くの人に慕われます。
●どんなタイプの人ともうまくやっていけますが、誰とでも公平につき合うのではなく、
 肝心な時に頼りになる真の友人と、そうでない友人とを見分ける目を持ちましょう。
●そうでなければ、時間のむだにつながり自分の目的を達成できなくなります。
●愛情豊かですが、それを過剰に表現しないように。
●あなたは寛大で思いやりがあるため、恋人や友人を気遣い、助けることでしょう。

相性占い

★⇒恋人や友情   ●⇒運命の人 ◆⇒力になってくれる人   ■⇒ライバル

【1月】 ★⇒3,5,9,18,19日 ●⇒無 ◆⇒1,6,17日 ■⇒2,16日

【2月】 ★⇒1,3,7,16,17日 ●⇒無 ◆⇒4,15日 ■⇒14日

【3月】 ★⇒1,5,14,15,31日 ●⇒無 ◆⇒2,13日 ■⇒12日

【4月】 ★⇒3,12,13,29日 ●⇒無 ◆⇒11日 ■⇒10日

【5月】 ★⇒1,10,11,27,29日 ●⇒無 ◆⇒9日 ■⇒8日

【6月】 ★⇒8,9,25,27日 ●⇒無 ◆⇒7日 ■⇒6日

【7月】 ★⇒6,7,11,23,25,31日 ●⇒無 ◆⇒5日 ■⇒4日

【8月】 ★⇒4,5,21,23,29日 ●⇒無 ◆⇒3日 ■⇒2日

【9月】 ★⇒2,3,19,21,27,30日 ●⇒17,18,19,20,21日 ◆⇒1日 ■⇒無

【10月】 ★⇒1,17,19,25,28日 ●⇒無 ◆⇒31日 ■⇒無

【11月】 ★⇒3日 ●⇒無  ◆⇒29日 ■⇒無

【12月】 ★⇒13,15,21,24日 ●⇒無 ◆⇒27日 ■⇒30日


「非日常的な経験から多くを学ぶ」って捉え方によってはかなり芸術肌な感じだよね。

かなりズバリと言い当てられた!!ってのもちらほらありました。
総合的に見たら当たってると思うのですが、私のことをご存知なリアル友達のみなさん、どうでしょう?

4歳〜33歳まで波乱万丈で、34歳から落ち着くってことなので、まだまだ落ち着けない感じなのね

にしてもですよ、運命の人の誕生日の「無」の連続って、私ってそんなに縁がないのかしら
9月17〜21日生まれの人に会ったら、意識してしまうじゃないかw
ちなみに相方は「力になってくれる人」だそうです。一番少ない11月でよくランクインしたなぁ

思ったこと。感じたこと 10:02 comments(4)
A型度37%
マイミクSumuzyさんから紹介されたmixiアプリ「血液型自分の説明書診断」をしてみました。

23年間B型のつもりで生きてきたのに、ある日突然A型だと判明した私の結果は…





A型エリつんさんの説明書

A型度は★37%★

・頭脳系:ズバリ頭脳明晰

・トーク系:軽快なトーク

・ハート系:協調性を大事にしちゃう

・カラダ系:健康オタク

この結果のURL⇒http://mixi.jp/run_appli.pl?id=6577&owner_id=45409
---
血液型自分の説明書診断(元祖!血液型診断No1!) http://mixi.jp/run_appli.pl?id=6577

*********************************************

だそうです。

37%って、やっぱりちょっと薄めでしたw


ちなみに…
診断結果の画像を保存する時、拡張子を指定しないと.phpの状態で保存されてしまうようです。
コピーする際はご注意を。
思ったこと。感じたこと 10:19 comments(0)
8月30日
天下分け目の衆議院選挙の投票日だった8月30日は、妹の20回目の誕生日でした

「選挙権ってもらえるのかね?!」なんてちょっと前に大盛り上がりしたんだけど、ちゃんと妹の分も届きました。
20歳になった日に初めての投票。
しかも日本の政治史上に残る選挙って、本人はもちろんだけど、家族にとっても思い出深い日になりました
お母さんは「これはいい記念になるじゃない」って引換券をコピーしてたしw

投票を終えたその足で、お母さんと妹は20歳の記念プレゼントを選びに千葉へ、お父さんと私は夕飯の手巻き寿司のネタを買いに行きました。

妹が選んできたのは、ティファニーのハート リンク ラリアット。
自分でも少しお金を出したって言ってたけど、調べてみたら妹のほうが金額がお高い

ちなみに私がもらったのはエレサ・プレッティ フルハートペンダント。
私の時はお父さんが選んできて、サプライズでくれたので選択権がなかったんだよね;
一言「一緒に見に行くか?」って言ってくれれば、喜んでついていったのにw
あ、でも一緒に行ったら迷いすぎて結局決められなかったかも
そういう点では、選んでもらったってことも含めていい思い出ってことにしておこう

20歳ってことで、今年はみんなお酒で乾杯
「みんなでお酒を飲める年になるなんて、思ってもみなかったなぁ〜」なんて思った後、妹より7歳年上の自分の年齢を改めて感じずにはいられなかったのでした

そりゃあ、年もとるはずだよなぁ。

そして、気付けば両親が結婚した年齢を超えて、私が生まれた年齢に近づきつつある
おばあちゃんには「ひ孫が見たいわ〜」と言われ、じわじわとプレッシャーをかけられる年齢になってきたことを痛感するこの頃です
思ったこと。感じたこと 12:31 comments(3)
プロモーションのための選挙…?
日本の政治がどうこう、政党がどうこうっていうのは、あまりネタにしないようにしてるんだけど、さすがにこのニュースはいかがなものかと。

http://mainichi.jp/select/today/news/20090813k0000m010134000c.html

幸福実現党さん、衆院選から前面撤退だって。

小選挙区で自民党を超える立候補者を擁立すると発表していて、随分前から選挙活動してましたよ。
いろんなところに目がやたらにうるうる輝いている党首のポスターが貼られ、駅前では街頭演説。
その度にバス待ち用のベンチを支援者が占拠。
朝の駅でチラシを配る人たちもいたし、彼らはみんなおそろいの青いポロシャツを着てました。

一体、どれくらいのポスターを刷ったのか。
ポロシャツもどれくらい用意したのか。
冊子だって、ものすごい量準備したはず。

それをあんた…公示前に「撤退」って、勝ち目ないから尻尾巻いて逃げただけじゃ。

選挙に勝つためのプロモーションじゃなくて、プロモーションのために今一番ホットな話題「選挙」に乗っかってみたとしか思えない…。

笑いしか出てこないw


【追記】
な〜んてことを12:36に書いたら、15:30にこんなニュースが。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/289389/




「撤退」を撤回。なんじゃそりゃ。


思ったこと。感じたこと 12:36 comments(4)
1/19 >>
スイーツレポートばかりとなったブログ。
読んだ人が「食べてみたい!」と思ってもらえたら嬉しいなぁ。
そんなことを願いながら綴っています。
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
ブクログ
Other